オタク市場は非オタク層で活性化? | WINZEROニュース

オタク市場は非オタク層で活性化?

秋葉原が家電の街から、ヲタクの聖地に大きく飛躍した原因は、
AKB48などに代表されるアイドル、コスプレ、フィギュアなど、
多くがオタク系から、非オタク層を巻き込み、市場は順調に拡大
傾向にあるようです。

2010に対し、2011年度の結果が出てきているのですが、
1.恋愛シミュレーションゲーム市場は30.4%増の146億円、
  最近は、男性より女性の方がハマっているとの話もありますから、
  今年も拡大傾向は変わらないようだ。
2.オンラインゲーム市場は29.2%増の3,868億円

他にも、多くのオタク市場が、2011年度から拡大してきており、
オタク系だけでなく、非オタク層まで巻き込んでいるようです。

確かに、AKB48などは、一種の全国的なイベントにまで成長して
きましたし、とてもオタクの方だけのものではなくなってきました。

今後は、どこまで拡大していくのか市場を見極める必要がある
みたいですが、海外進出がより高まってくるのかもしれません。

WINZEROニュース

最新記事