パラリンピックでも期待の義足のランナーピストリウス、1600メートルリレーは8位 | WINZEROニュース

パラリンピックでも期待の義足のランナーピストリウス、1600mリレーは8位

義足のブレードランナーとして、初めてオリンピックに出場した、
南アフリカ代表のピストリウス。
400メートルと1600メートルリレーに登場し、激走を見せた。

最後の1600メートルリレーは、決勝まで進出し、残念ながら
8位に終わったが、その走る姿は見るものに感動を与えましたね。

最後のアンカーとして登場した、ピストリウスですが、
バトンタッチを受けた時には、すでに最下位になっていました。
前を必死に追いかけましたが、なかなか差は詰まらず、
そのまま8位でゴール。

ゴールした後、南アフリカのチームと握手している姿のピストリウス。
肩には、なにかタトゥーが入っているようです。
何かで見た記憶があるのですが、確か聖書の引用で、
「何か得たいならば、厳しい努力をする必要がある。」

1600メートルリレーが終わったピストリウスのコメントには、
「最後に決勝ではしることができ、これ以上のことはない。
 パラリンピックで戻ってくるのが楽しみ。
 かつてない素晴らしい大会になるでしょう。」

義足のブレードランナー、ピストリウスのオリンピックは、
まだまだ続くようだ、かつてないオリンピックにして欲しい。

【送料無料】カーボン・アスリート...

【送料無料】カーボン・アスリート…
価格:1,680円(税込、送料別)

WINZEROニュース

最新記事